コロナ禍の読み方はなに?【禍】の意味や誰が言い出した?

2 min

最近ネットニュースなどで見かけるようになった

「コロナ禍」という文字。


「禍」の文字が読めなくて、コロナ渦だと思っていたのですが

入力してみると漢字が違うんです。


そして、この言葉は誰が言い出したのかも気になります。


ということで、今回は「コロナ禍」の読み方などについて調べてみました!

スポンサーリンク

【コロナ禍】の読み方はなに?

「禍」の読み方は「か」



意味:わざわい・不幸せ

禍々しい(まがまがしい)・禍事(まがごと)

コロナ禍は「コロナ[か]」と読みます。


コロナ禍は「コロナによって起こる良くないこと・不幸なこと」という意味で使われている言葉ということになりますね。


禍々しいという漢字はマンガの中で見たことがあったくらいで、実際に使うこともなかなかない言葉かなという印象です。

https://www.fonds-d-ecran.net/wp-content/uploads/2020/03/9174A16A-575B-41AA-83DC-38AD4A030760.png

ちなみに、漫画ノラガミの中で禍々しいという文字を読んだ気がします

日常会話ではあまり使うことが少ない漢字・・・であってほしいですよね。

【コロナ禍】は誰が言い出した言葉?

ネットではよく見かけるようになった言葉ですが、テレビのニュースで使われているのを見たり聞いたことはまだありません。

2020年2月の後半頃から新聞社などが使っていることはわかりましたが、誰が最初に使い始めたのかについては、詳細はわかりませんでした。

それと同時に、世界的に知られるような病気の流行が起こった時に「禍」を使った言葉が使われていることがわかりました。

  • エボラ禍
  • サーズ禍

などの言葉も、過去に使われていました。

「わざわい」は良くないことが起こって不幸になる出来事のことを表す言葉です。

そのことから原因となる感染症の名前に「禍」を足した言葉になったのだと思われます。

スポンサーリンク

【コロナ禍】の他に渦や鍋が使われている理由は?

コロナ禍の他にも「コロナ渦」や「コロナ鍋」などもネット上では見かけるようになりました。

「禍」という漢字を間違えて読んでいたり、変換してしまっているのかと思ったのですが(私も最初は渦だと思ってました)、渦の意味を調べてみると・・・

意味:うずまく・混乱している状態

渦中(かちゅう)・渦潮(うずしお)

世界中が混乱している状態なので、「渦」という漢字を使っても意味的には間違っていないように感じますね。

あえて「渦中」という意味で「渦」を使っているメディアもあるようです。


では「鍋」はどうして使われているのか?

これに関しては単純に読み間違えだったり、変換ミスだったり、間違えてインプットされて使ってしまっているのだと思われます。

漢字だけ見ると「渦」と「鍋」はたしかに似ていますもんね。

コロナ禍の読み方はなに?まとめ

  • 「禍」は「か」と読む
  • コロナ禍は「コロナ(か)」と読む
  • 誰が使い始めたのかははっきりとしていないが、過去にも「禍」を使った言葉があった
  • 「渦」は意図的に使っている可能性もあるが、鍋は間違いからきていると思われる

現在の状況を短い言葉で表すために、わざわいや不幸を意味する漢字の「禍」が使われていたんですね。

一日も早く、世界がいつもどおりになることを願っています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA