お月見はなぜうさぎがお餅をついてるの?お団子やススキを飾る理由は?

3 min
お月見はどうしてうさぎがお餅を付いてるの?理由や海外での見え方は?

お月見といえばお団子!

そしてうさぎがお餅を付いているイメージがありますよね(^^)

小さいころから「お月見はうさぎがお餅をついている」とインプットされてはいるものの

理由については知りませんでした(汗)

うさぎがお餅をついている理由には諸説ありますが、元々はうさぎとお餅は別々のものだったそう(゚д゚)

意外と知らないお月見うさぎの関係をまとめています!

スポンサーリンク

①お月見はなぜウサギがお餅をついてるの?

お月見のうさぎと月の関係

日本では月にはウサギが居て、お餅をついていると言われていますよね。

でも、「ウサギ」と「お餅」は元々セットではありませんでした!

と、いうことで今回は、

「ウサギ」と「お餅」を別々に解説していこうと思います(^-^)

なぜ月にウサギが居るの?

「月にうさぎ」というのは、実はインドに元々あった仏典の「ジャータカ」に記された物語が起源と言われています。

「ジャータカ」という仏典は、お釈迦様が悟りを開かれる前に様々な姿になって修行をしていた時の逸話を集めたものです。

【月のうさぎ】伝説

昔、あるところにウサギとキツネとサルがいました。

ある日、疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会いました。

3匹は老人のために食べ物を集めます。

サルは木の実を、キツネは魚をとってきましたが、ウサギは一生懸命頑張っても、何も持ってくることができませんでした。

そこで悩んだウサギは

「私を食べてください」

と言って火の中にとびこみ、自分の身を老人に捧げたのです。

火の中で覚悟をするウサギ。

しかし不思議なことに熱も全く感じずにウサギは無事でした。

実は、その老人とは、3匹の行いを試そうとした帝釈天(タイシャクテン)という神様。

自分の身を投げ出しても人を救おうとする美しい心を持つウサギに感動した帝釈天。

ウサギの行動を後世に伝えるために月に兎の絵を描き、皆の手本にしました。

この【月のうさぎ】伝説が、仏教の伝来とともに日本に伝わって

「月の模様=うさぎ」という言い伝えが定着したとされています。

なぜウサギはお餅をついているの?

日本の神話における【月の神様】は古事記で「月読命(つくよみのみこと)」と記されています。

月読命の「月読」とは「月を読む」、つまり「月を数える」ことから来ています。

このことから月読命は農業で大切な【暦】と関係あるということで

『農業の神様』として祀られており

五穀豊穣のシンボルであるお米を、月の神様にお供えする風習がありました。

そのような古くからの風習から

【月のうさぎ】伝説とお餅が結びついたのではないかと言われています。

また、満月は望月(もちづき)とも言いますのでその語呂合わせ(餅つき)もあるのではという説もあります。

海外でも月にはうさぎが住んでるの?

お月見のうさぎは海外にもいる?

月は地球の周りを公転(常に同じ面を向けて回っている)ので、世界各国で同じ月の模様を見ることができます。

しかし、国によって解釈は様々!

国ごとの一覧をまとめてみました。

  • 日本→餅をつくうさぎ
  • 韓国→餅をつくうさぎ
  • 中国→薬草を挽くうさぎ
  • 中国の一部→大きなハサミのカニ
  • モンゴル→イヌ
  • インドネシア→編み物をしている女性
  • ベトナム→木の下で休む男性
  • インド→ワニ
  • オーストリア→男性が灯りを点けたり消したりしている
  • カナダの先住民→バケツを運ぶ少女
  • 中南米→ロバ
  • 北ヨーロッパ→本を読むおばあさん
  • 南ヨーロッパ→大きなはさみのカニ
  • 東ヨーロッパ→女性の横顔
  • アラビア→吠えているライオン
  • ドイツ→薪をかつぐ男
  • バイキング→水をかつぐ男女

どうしてそう見えるの??と思う物も多々ありますね(*^^*)

実際に月と見比べてみると面白いかもしれません!

スポンサーリンク

お月見にお団子を食べるのはなんで?

日本では「お月様に供えた団子を食べることで、月の力を分けてもらい、健康と幸せを得ることができる」と古くから信られてきました。

美しい秋夜の月は「中秋の名月」と呼ばれ、その美しい月を愛でるというイベントが平安貴族の間で広がりました。

そして江戸時代になり

「十五夜の日にお団子を月に供える」という習慣が定着したと言われています。

お団子を供えるのはやはり、「月読命(つくよみのみこと)が農業の神様として祀られていたから。

「十五夜」が穀物(お米)の収穫時期に重なっていたため

お米の粉で作ったお団子を月に見立てて供え

お米が無事に収穫できたことに感謝し、また次の年の豊作も一緒に祈願したとされています。

お団子をピラミッド型に積み上げてお供えするのは

最上部を天に向けることで、月見団子を通して収穫の感謝と豊作の祈願の気持ちを月まで届けるという意図があると伝えられています。

お月見にススキを飾る理由は?

お月見にススキを飾るのは、「稲穂の代わり」と「魔除け」のため。

「中秋の名月」の「中秋」は秋全体の中日を意味し、旧暦8月15日のみを指します。

現代では新暦で数えるため年によって十五夜の日が異なりますが

およそ9月の中旬~10月上旬に訪れます。

五穀豊穣を願ってお月見をする訳ですが

旧暦の「中秋の名月」である8月15日は、稲穂がまだ実る前の時期であることから、穂の出たススキを稲穂に見立てて飾ったと言われています。

また、古くから「ススキ」は神様の依り代(宿る、憑依する)と考えられていました。

ススキの茎は内部が空洞のため、神様の宿り場になると信じられていたようです。

また、ススキの鋭い切り口は、魔除けになるとも考えられました。

そのため、お月見のススキには悪霊や災いなどから収穫物を守り

翌年の豊作を願う意味が込められているそうです(^^)

スポンサーリンク

お月見はなぜうさぎがお餅をついてるの?お団子やススキを飾る理由のまとめ

  • 月のうさぎがお餅をついている理由は「月のうさぎ伝説」と日本の古くからの風習が結びついたとされている
  • 海外ではうさぎ以外の動物が見えるとされている国もある
  • お団子を食べる理由は収穫の感謝と豊作の祈願の気持ちを月まで届けるため
  • ススキをかざるのは「稲穂の代わり」と「魔除け」

月のうさぎは古くからの言い伝えや風習が結びついて生まれたものでした。

なんとなく「月にはうさぎ」と決めてしまっていましたが、海外では月にワニがいたりカニがいたりライオンがいたりと、言い伝えも様々!

世界中の空に浮かぶ月をみてみたいですね(^^)

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA