塩野瑛久の演技力と出演作品!クレープ作りが上手い理由にびっくり!

4 min
しおのあきひさ

塩野瑛久さんはイケメン俳優として活躍中の俳優さん!

たくさんの作品に出演していて、どんな役にもするっとなじんでしまうカメレオン俳優としても知られているんです。

塩野瑛久さんは顔がとってもかっこいいんですが、実は顔だけじゃなくて生き方もイケメン!

今回はその中身のイケメンさについても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

塩野瑛久のプロフィール

  •  名前:塩野 瑛久(しおの あきひさ)
  •  生年月日:1995年1月3日
  •  事務所:オスカープロモーション

塩野瑛久さんのデビューのきっかけはジュノン・スーパーボーイコンテスト。

高校には進学せずに実家の飲食業の手伝いをしていたのですが、その時のお客さんと母親の勧めがあって2011年のジュノンボーイコンテストに応募。

見事に審査員特別賞とAOKI賞を受賞されました!

翌年には、オスカープロモーションの所属となり芸能界デビューを果たします。

初めて役者として出演したドラマは、2012年の「GTO スペシャルドラマ」の生徒役。

ここで、EXILEのAKIRAさんとの共演します。

このドラマでは、たくさんの有名な俳優さんが出ており、いろんな刺激を受けることができたのではないでしょうか。

そのあと、2013年には「獣電戦隊キョウリュウジャー」の立風館ソウジ(キョウリュウグリーン役)としてレギュラー出演を果たし、子供の人気を集め一気に知名度も上がりました。

その後も多くのテレビドラマ・映画・舞台と幅広く活躍しています。

趣味はテニスということで身体を動かすことが好きなようですが、クレープづくりが得意というかわいい一面を持った俳優さんなのです!

塩野瑛久の演技力と出演作品

 塩野瑛久さんの主な出演作品を紹介します。

テレビドラマ

  • 獣電戦隊キョウリュウジャー
  • 来世ではちゃんとします

映画

  • 鼻目玉幸太郎の恋
  • HiGH & LOW THE WORST

舞台

  • 純平、考え直せ

調べるとたくさんの作品に出演していることが分かりました。

「獣電戦隊キョウリュウジャー」では子供たちの人気を集め、そして「HiGH & LOW THE WORST」に出演してから、若いファンを中心に名前が一気に広まりました。

ここで演じた小田島有剣のかっこよさと、色っぽさは格別です。

色っぽさを表現しているといえば、あの肩を出しているスタイルですよね!

衣装も塩野瑛久さん自身が選び、ゆるっときこなすことであの色気をだしてるんです。

また、この作品で塩野瑛久さんはたくさんアドリブしており、そこから名台詞が誕生したということを知ってびっくりしました。

演技力に関しては、明確に評価されているのはなかったのですが、やはりカッコいいので塩野瑛久さん自身ビジュアルを褒められている記事が多いように感じました。

そのことに関して、塩野瑛久さん自身少し複雑な思いを抱えていると、あるインタビュー記事で書いてありました。

顔だけじゃなく、演技でも評価してほしいというイケメンならではの悩みですね。

それもあってか、演技に対してはすごく真剣。

役作りのために監督に意見することも多く先ほどの作品のようにアドリブで表現されるシーンもたくさんあるんですって。

自分が演じる役の魅力を最大限に生かせる表現は何かを考えながら、常に役作りしているとのこと。

これが、いろんな役柄にも順応できるカメレオン俳優という言われなんでしょう。

今後は、まだ制服を着られるならば普通の高校生の役をやってみたいそうです。

ベタな恋愛ものにも興味があるとのことですが、きっと女性ファンとしても興味があるジャンルですね!

もしかしたら、塩野瑛久さんは高校生活を送っていないので、ひそかに高校生というものに憧れているのかもしれません。

次はどんな役を見られるのか、楽しみです♪

スポンサーリンク

塩野瑛久がクレープづくりがうまい理由

そんな塩野瑛久さんのプロフィールで「クレープづくりが得意」と書きましたが、実は意外な理由があったのです。

それは、実家が「クレープアン」というクレープ屋さんを経営。

プロフィールで、塩野瑛久さんは高校に進学していないと書きましたが、「クレープアン」と営んでいた塩野瑛久さんのお父さんが倒れたことをきっかけに、クレープ屋さんを手伝うように!

そのため、高校には進学しなかったそうです。

ここで店をたたむという選択をせず、家族や店を支える選択をした塩野瑛久さん。

顔だけじゃなく、中身もイケメンですね!

もともと芸能界に憧れを持っていたのですがお父さんが倒れたときに、その夢も諦めようとしたそうです。

でも、家族の応援もあり芸能界へ入ることにしたとインタビューで話していました。

現在は、クレープ屋さんをお姉さんが代表で運営しているようです。

しかし、塩野瑛久さん自身「ここの暖簾は自分が守る」と話していたという噂もあり、いずれはクレープ屋さんを継ぐ日も来るかもしれません。

それはそれで、人気店になりそうです!

様々な役をさらっとこなしているようにみえる塩野瑛久さんですが、

芸能界入りした時の苦悩と役者への向き合い方など、中身もイケメンだということを紹介させてもらいました。

今後、どんな役で活躍するのか楽しみですね!

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA