山梨のヨゲンノトリとはなに?ありがたい鳥にあやかりたい!

2 min
スポンサーリンク

山梨のヨゲンノトリとはなに?

【ヨゲンノトリ】
当館蔵の「暴瀉病流行日記」には、安政4(1857)年12月、加賀国白山にあらわれた「ヨゲンノトリ」が描かれています。頭が2つの不思議な鳥が、翌年に流行するコレラを予言し、「私の姿を朝夕に拝めば難を逃れることができるぞ」と言ったとされています。#アマビエ #ヨゲンノトリ pic.twitter.com/NTnqPqbdUI

— 山梨県立博物館 (@kaiseum_ypm) April 3, 2020

山梨県県立博物館に所蔵されている「暴瀉病流行日記」には、感染症を予言した頭が2つある鳥について描かれています。

この鳥が現れ「姿を朝と夜に拝めば難を逃れることができる」と言ったとされているんですって!

この頭が2つある鳥にヨゲンノトリと名付けたのは山梨県立博物館の学芸員の方。

山梨県立博物館のツイッターで投稿されてから「ヨゲンノトリ」が話題となっています!

山梨のヨゲンノトリのイラストが続々

SNSではヨゲンノトリのイラストが続々投稿されています。


朝と夕方に拝むと難を逃れられるということで、ツイッターでは朝と夕方の時間帯にヨゲンノトリの投稿が多く見られるようになっていますよ^^

スポンサーリンク

山梨のヨゲンノトリまとめ

ヨゲンノトリと名付けたのは山梨県立博物館の学芸員さんですが、実際に所蔵されている「暴瀉病流行日記」に、コレラを予言した鳥について書かれているという話でした。

ご利益があるかもしれないしあやかりたいですね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA